その112 土佐電子のオムニホイールにシリコンシートを貼る② - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その112 土佐電子のオムニホイールにシリコンシートを貼る②

※2014/10/31追記
この試みは最終的に失敗します。 ->その113 オムニホイールにシリコンシートを貼るのはよくない


その108 土佐電子のオムニホイールにシリコンシートを貼るの続編です。

このときに貼ったシリコンシート、最初は調子良かったのですが、だんだん端の方がはがれてきて、がたがたするようになってきました。
これじゃいけないので、貼り直す決意をしました。

そもそもなぜはがれるのか。
おそらく隙間があるから。

そこで、

こうして

112-4.jpg

こうして

112-2.jpg

こう。

112-1.jpg


もとのシリコンシートをはがしたらベトベトが残りますが、ガムテープのベトベトの方がつよいらしく、ガムテープで取れます。

112-3.jpg
11205.jpg

ガムテープのベトベトに屈さないベトベトが接着を妨げるとも思えないので、取れないベトベトは放置。

この結果、かなりなめらかに走れるようになりました。
苦労した甲斐がありました。




しかし

112-6.jpg

はがれました...。
シリコンシートは
①シールになっているフィルム
②シリコン
の二層になっています。
前回の貼り方の時は①から剥がれたのですが、今回は①と②の間で剥がれています。
うーん...。

前回の貼り方では①と②の間で剥がれるようなことはなかった。
斜めにすべきなのかもしれない。
展開図はどうなるのだろうか...。

学生大会まで時間がないけれど、これを解決しない限り進めない。
シリコンシートとの戦いは続く。

以上、その112 土佐電子のオムニホイールにシリコンシートを貼る②
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけもり

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら

ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。