その139 複数個のLiPoを同時にバランス充電 - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その139 複数個のLiPoを同時にバランス充電

※バッテリー(特にLiPoバッテリー)は非常にデリケートなものです.僕はこの記事の内容に一切の責任を持ちません.参考にされる際は自己責任でお願いします.

と,念のための前置きを添えて,今回はLiPoバッテリーの話です.

軽量かつ大電流が必要な場合などによく使われるLiPoバッテリーですが,安全のために普通は専用の充電器を使って充電します.
各セルの状態をそろえてくれる「バランス充電」というのをしないと,直列接続されたバッテリー間のバランスが崩れて良くないそうです.

そんなLiPoバッテリー,容量はそんなにいらないけど電圧がほしいとき,小さめのバッテリーを直列にして使うこともあるかと思います.少なくとも僕はありました.たとえばOmnimO-2では3セルを2つ直列にして使っていましたし,今開発中のロボットは2セルを2つです.
そうすると,普通一つの充電器でバランス充電できるのは一つのバッテリーだけので,一回のバッテリー消費に対して2個のバッテリーを充電する時間が必要となります.

そこで,複数のバッテリーを一つのバッテリーとして一気に充電するための基板を用意しました.
外注するほどのものではないけれどついでがあったので.
というか我が物顔で書いてますが,エンタメロボット作ってるチームのあれであれしたやつです.

[表]
139-1.jpg

[裏]
139-2.jpg

2セル×3個用,2セル×2個用です.(※ 二枚の写真で配置が逆になってました)
ちゃんとケース作るべきですね.一応裏は絶縁.片方はグルーで,片方は液状ゴムスプレーで.液状ゴムスプレーだと突起部分が少し頼りない気がしたので,グルーの方がなんとなく頼もしいです.

こういう風に使います.

[2セル×2個]
139-5.jpg

[2セル×3個]
139-4.jpg

2セル×3個なら,まとめて6セルのバッテリーとして充電します.
当然ですがちゃんと放電もできます.
充電器によっては各セルのバランスが崩れすぎていたらエラーが出たりするので注意が必要です.
複数のバッテリーを直列で使用する分には各バッテリーの消費も同じはずなので問題ないと思います.
また,ロボットを動かす時にマイコンなどで電源電圧を監視して,ある程度減ったら警告を出す様な場合,バッテリー交換時のバッテリーの減り状態はどれも同じくらいのはずなので,その場合はまとめて充電できそうな気がします.やったことはないですが.

回路図はこう.

無題

これで発注して,真ん中で切断.
パターン図

これで少し快適になりました.
ちょっとしたものでも自作のものを使うとグッと楽しくなる.

以上,その139 複数個のLiPoを同時にバランス充電
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら

ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。