その144 ねじ要らずの便利部品 - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その144 ねじ要らずの便利部品

ロボットをつくるのは楽しいけれど,楽しいところの他は楽しくない.
組み立てるのも一回目は楽しいけれど,不調のための分解なんて憂鬱でしかない.
定期的に締めなおさなければならないネジは少なければ少ないほどうれしい.

現在卒業研究と並行してエンタメロボット(-->その141)の設計を行っているが,台数が多いのでいかにメンテナンス性を高めるかを悩んでいる.
そんな中,ネジを使わずにそこそこ止められる部品を知った.

Robotisが出している教材用のいろいろのパーツである.
リベットセット RS-10(DARWIN-MINI対応)
透明のもある.
ROBOTIS MINI Rivet Set
高いっちゃ高い.
レゴ的な感じで,TAMIYAにも同じようなのがあるかもしれないし他にもあるかもしれない.
試しに買ってみた.

144-2.jpg

144-1.jpg

144-3.jpg

二重になっていて,外側のパーツを先に入れた後,内側のピンを押し込むと,外側のが押し広げられてフランジが噛むようになっている.
わりと抜けない.
このくらい引っ張ったらやばいだろう,と思った3倍は強いと思っていただいて構わない.
3Dプリンタでこれに合う形の部品を作れば使えるし,厚さが合えば4㎜の穴をあけたら使える.

144-4.jpg
これは連結部のみの試作.白いのがプリントしたパーツ.

抜き差しが簡単なのでそんなに強度や精度がいらないところに使っていこうと思う.
裏からナットを押さえなくていいのもいい.

以上,その144 ねじ要らずの便利部品
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけもり

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら
ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。