その24 プリンタ分解レポート前編 - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その24 プリンタ分解レポート前編

連載でお送りしますプリンタ分解レポート!
年内に納めるべく全ニ回です。
今回は「殻を外して眺めまわす編」です。

パソコンに認識されなくなってしまったプリンタさんを、昨夜ついに分解いたしました。
もう新しいプリンタもあるので、こいつは好きにしていいのです。

それはもう驚きと発見と感動の嵐でした。
電子部品が整然と並んだ基板なんかを見ると萌えますが、何が何で何をどうしてるのかが僕にはほとんど何もわからない。
しかしプリンタとなれば、機械てきな面で見るものが多くて、それはそれはおもしろかった。

さて、今回分解したのはこちら
プリンタ分解1
プリンタ分解2
PIXUSのiP7500です。

紙入れるところを外したら裏はこんな感じです。
こっから紙が中に入って行くんですね。
プリンタ分解3

裏にあったネジをはずすと、こいつが取れた。
プリンタ分解4
電源のなにかしらですかね。
中で変圧とかAC-DC変換とかしてるのでしょうか。電源周りで危険だからか、こいつを開けるには特殊ドライバーが必要だったのでとりあえず断念。
コンセントにさしてどんな出力がで出るのか測ってみたいけどよい子なので今はしません。

お、中にモーターが見える。チラリズム。
プリンタ分解5

コネクタをはずす。
プリンタ分解6

ここからしばらく悩むことに。
ネジもないしさっき外したところからは次につながるものはありませんでした。

そして発見
プリンタ分解7
プリンタの「ここだよー」という声が聞こえます。
赤で囲んだところにくぼみがあって、すぐ上に「▽」がついてます。
そこにマイナスドライバーをつっこんでみると、かぱって感じで黒い部分が上下に半分にわかれました。
それでもはずれない。
どうやら上にかぶさっている銀色の部分を先にはずさないといけないらしい。

きっとどこかに「▽」みたいなのがあるはずだと思ってさがすこと10分あまり。
破壊的分解を試みようかとよぎりましたが、こういうのはちゃんと分解できるようにできてるんだ、こんなところで「分解の質」を下げちゃいけない。破壊的分解は封印しよう!と決意して探し続けました。

そして見つけた!
プリンタ分解8
いやもう見つけた自分をほめちぎりたい。
ふた開けなきゃ見えないところに「▽」がありました。
いやはやいやはや。
たぶん古城の地下に隠された宝物を探すのはこういう感じだと思います。
ヒントを見つけて芋づる式にゴールへと近づいて行くんですね。
わくわくしますね。

そこにマイナスドライバーをつっこむとぱかりぱかりと
プリンタ分解9

あぁなんかはずかしい///

さらにいろいろはずすとこんな感じに
プリンタ分解10

はい、これでついに殻ははずれました。
ここからは内部の分解を始めます。

さて、横から見てみると、
プリンタ分解11
おお、基板が見える。

プリンタ分解12

この歯車たちはよくインクのユニットを移動するレールごと上下させているようなそうでもないよな。
黒い歯車がインクのユニットが移動するときのレールと直結しています。
黒歯車の下に扇形のが出ていて、それが透過型フォトインタラプタの間にないっています。
透過型フォトインタラプタとは、「凹」←こんな形をしていて、片方の山からもう片方の山に光を飛ばして、もう片方の山についたセンサでそいつを感知します。「凹」の凹っとした部分にものがあるとその光がさえぎられるので、そこにものがあるときはセンサが反応しません。
それを利用して、黒歯車の扇がそこにあるかどうかを見て、回転を制御してるんでしょうね。

プリンタ分解13

続いてあちこちを観察。
ギザギザつきのベルトで伝達してますね。
このギヤについたフィルムはなんだ?
インクかなんかから守ってるのかな??←あとで何かわかったので後で書きます。

ここは紙の通り道でインクが左右に動くようなところの下です。
プリンタ分解14
センサー発見
フォトリフレクタかな??
フォトリフレクタは反射型フォトインタラプタとも言って、原理は透過型フォトインタラプタとほとんど同じです。ただし反射型のは出した光が反射して返ってきたのを感知します。
なので、おそらく紙がきてるかどうかを見るんでしょう。
また光がぶつかる面の材質や色によって反射光の強さが変わるので、ラインの白黒なんかを判別できます。ライントレーサーに使ってるやつですね。

そんなこと考えてたら他のとこからでてきましたRPR-220!
まさにJITEN君に使ったフォトリフレクタです。
プリンタ分解20
いやぁ、なんかうれしい(  ̄ー ̄)

さて、このグリスでぎとぎとの丸い棒がインクのユニットが動くためのレールです。
プリンタ分解15
なかなか手ごわそう(グリスが)

はい、今のところこんな感じ。
プリンタ分解16

今のところ、殻を外して、眺めまわしただけでしたが、こっからがんがん外しまくります。
次回「なかみをいじくりまわす編」につづく。

以上、その24 プリンタ分解レポート前編
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら

ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。