その40 新パターン - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その40 新パターン

「今つくってるトレーサー君」の基板はすべて外注することにしました。
どう考えてもメインの基板が大変すぎるのですね。
すさまじい量の穴。特にビアは自分でつくらないといけない。
その作業を考えれば考えるほど外注する方が良くなってきました。

ラインセンサの基板はほとんど変更しないのですが、メインの基板は外注するとなるともっと改善できます。
そこでかなり時間をかけたものではありますが、その32で紹介したパターンを描き直しました。
こういった潔さが大切だと思っております。

これが新しいパターン図。
新パターン

下についてるやつは自分で切り離します。

大満足です。
前回のでは基板上空で配線のケーブルが入り乱れてしまう構造だったのですが、今回の改造でもう配線もすっきりです。
大満足です。
問題はこれがデザインルールをクリアしているか。
そして発注がちゃんとできるか。
です。
fusionPCBを使おうと思います。
理由は、安い・4層・青。
そしてなにより機械研マウス勢が使っていたこと。


以下、描いてみた感想。

昨日描き直すことを思い立ち、今日の夕方にはできました。
作業スピードが上がったこともありますが、何よりも感光基盤でつくることの制約に比べて外注するとなるとデザインルールが軽いのなんの。
感光基盤だとあんまり細いと消えちゃいますし、最小でも線は0.3mmにしていました。
それに比べて外注するときたら0.1524mmですよ。

40_2.png

こんなこともできる。(DIPのピンの間に2本通す)
感動。

さらに手間を気にせずビア作り放題ですよ。

さらに今回はお高いけれど4層もある。

もうひゅんひゅんひゅんと配線できました。

そして一番大きかったのはスルーホールになっていることです。

自作の基盤でもスルーホールは作れますが、なかなかめんどくさそうです。
STBeeだけでも100個あるのにやってられません。
そこで前回のでは「スルーホールはなし、ビアでなんとかする」ということにしていたので、もうたいへんでした。
中枢であるSTBeeマイコンボードはスルーホールなので裏ではんだ付けする。

裏にのみ導通

それ以外のICはほとんど表面実装だから自然にいくとすべて裏につくことに。

しかし外注すればスルーホールもやってくれる。
これでほとんどの部品を表にもって来れました。
テスター当てられる。
IC並んでてかっこいい。
それにビアで何とかしなくていい分コンパクトに。

大満足です。
回路もすこし修正したりして、有意義な改善でした。

注文するのがいつになるかわかりませんが、良いトレーサーになりそうです。


以上、その40 新パターン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら

ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。