その75 全日本マイクロマウス大会2013 - ロボボボいじりにうってつけの日

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その75 全日本マイクロマウス大会2013

全日本マイクロマウス大会に参加してきました。
最大の大会であり最大の目標となるこの大会、僕はロボトレースの部にOmnimOで参加しました。

予選結果は11'625
で、個性の力もあってかぎりぎり決勝で走れることになりました。

そして完走目的の安全パラメーターで挑んだ決勝では1回目、2回目は完走し、3回目はゴールで止まれませんでした。心配していたことはちゃんと出るものですね。
タイムは41'582。いちおう平均1m/s以上は出てるみたいです。

二回目の走行の動画。



そして、オリエンタルモーターの特別賞をいただきました。
ニューテクノロジー賞が取れなかったのは残念ですが、たしかにまだまだネタの領域。オムニの良さを競技目的に活かせていないので納得です。

考えてみると、キャチロボ合同ロボコンも含めて今まで出場した全てのロボコンで特別賞的なものをいただいてます。
ロボトレースでは中部地区で2年連続、学生大会、全日本とで4つ目です。
思惑通りではあるけれど、やっぱりそろそろ順位がほしい。
そういえば今年の合同ロボコンについてブログ書いてない。


さて、僕にとっては初めての全日本大会でしたが、ほんとに充実した3日間でした。
たくさんの方にOmnimOを見てもらいほめてもらい大満足。
またいろいろなロボットを見てたくさんの方とお話しできて勉強になりました。自主マウスパーティも楽しかったです。
大会の運営の様子だったりもしれてよかったです。運営ボランティアの方々はほんとにすごい仕事量ですね。

同一性の問題なんかもありましたが、難しい。この世界に足を突っ込んで浅い僕にはよくわかりません。万人が満足する答えもないのでしょうが。
速さを追求した結果同じ形になるのは自然ですし、競技目的と多様性が必ずしも一致していないような気がします。
あれだけ「賢い走行」の重要性を強調するならソフトの同一性だけが問題ではなかろうか。見た目が同じなのに差がつくおもしろさ。
規定通りにいけば、「同一団体」と言われないために個人で登録すれば攻略できますね。
もし将来王道でつくることになったら気をつけようと思う。


さぁ、2013年の終わりは2014年の始まりということで、勝負は2014年のOmnimO-2。
オムニトレーサーは成り立つ。そして、賢くなりうる。気がするので、来年はタイムで勝負します!
研究室や就職なんかもロボット系のところに行きたい僕としては、いつまでマイクロマウスをやってるか分かりません。
もしかしたら学部で終わる可能性もある中で、地道に王道をいきこつこつ勉強して、やっとものになってきたところで競技を離れるのはなんだかなんだか。
そこで、短期でも成果を残せるような新しい道をつくることで、ダメでもそこそこ目立てるような保険をかけつつ上を目指したいと思います。
はてオムニでどこまでいけるのか。
憧れつつもハーフマウスに踏み出せないのもそんな理由。

終わりに
今季お世話になった方々、本当にありがとうございました。
遠征などの資金面で援助してくれた両親にも感謝です。

以上、その75 全日本マイクロマウス大会2013
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:たけもり
ブログ新設しました-->メカトロニクスにうってつけの日


「しゃれたロボットをつくりたい」と思いながらも大学生になってやっとのんびり勉強始めました.
勉強のためにロボトレースというロボコンに参加して,全方向移動型ロボトレーサー"OmnimO-2"を制作しました.
大学ではヘビ型ロボットについて研究しています.
個人的課外活動としてエンタメ志向のロボットを製作中.最新作のMimebotはこちら

ロボコン時代のロボットはこちらにまとめています.

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。